口コミで知った「保険のビュッフェ」の店舗へ出かけてみた

口コミで知った「保険のビュッフェ」の店舗へ出かけてみた

口コミで知った「保険のビュッフェ」の店舗へ出かけてみた

本当に自分にあっているのか不安な日々

 

「保険のビュッフェ」を口コミで聞くまでは正直なところ、自分の保険についてはほとんど興味がありませんでした。親戚にセールスレディがいたことからその人に任せっきりだったのです。毎月、銀行の口座から自動的に落ちているだけで保険の内容さえも理解してませんでした。友人と保険の話になった時、彼女は結婚したばかりでこれからのことを考えて「保険のビュッフェ」で自分や旦那さんの保険を見直したということでした。それからは自分の保険のことも気になってきました。社会人になってから更新時に新しい保険に変更したりなどがあっただけでしたし、毎月の保険代についてもあまり深く気にしなかったのですが、同じ年の友人の毎月の保険代を聞くと明らかに私より安い保険料なのに充実した内容のようでした。

 

友人と話した後、家へ帰って自分の保険についていろいろ見てみましたが、保険料が少し高いような気がしました。これに今まで気づいてなかった自分はなんだったんだと少し情けなく思いながら、すぐに「保険のビュッフェ」へ連絡をとったのです。すぐに日程や場所、担当になってくれるFPの調整などをしてくれました。私は日中仕事を抜け出すのが難しかったので、仕事の帰りに寄ることができる店舗へ予約を入れました。こういう店舗へ出かけて保険の相談をするということをしたことがなかったので少し緊張していたのですが、実際に訪れてみると気さくなスタッフさんが多く、笑顔で出迎えてくれたので緊張も徐々にとけていきました。最初に私がずっと気になっていた掛け捨ての保険であるという点について相談しました。

 

保険を2つも3つもかけていて、そのうちの1つは完全に掛け捨てのもので安い保険料ではあるものの、内容をよく見てみると今の私に必要なものなのか?というのが疑問でした。もしかける必要がない保険であればそれはやめたいと思いましたし、年齢的にももう少し貯金にまわせるお金を増やしていきたいというのがあったので、貯蓄できるようなものに変えることができたらいいなということも伝えました。私がまずFPさんと話してみて感じたのは一つ一つの説明の仕方がゆっくりであるという点でした。そのFPさんだけなのかはわかりませんが、ゆっくりとした口調で話してくれたので緊張もほぐれやすかったですし、専門的な話になった時もわからないところを質問するタイミングも見つけやすかったです。

 

後でまとめて質問をするというのも良いかもしれませんが、話の途中途中できちんと理解できるように説明してもらったほうが理解をするのが簡単だと感じました。保険について話してくれている時はもちろん真剣に話してくれていますが、私が少し自分の不安などを話した時には冗談を言ったりして笑わせてくれたので雰囲気が柔らかかったといいますか、私も素直な自分を出して本当に自分にあった保険を求めているということを話しやすかったです。そういう意味では今回店舗まで足を運んだかいがあったなと思いました。

 

今までは何ヶ月に一度担当のセールスレディが自宅に顔を出すという感じで、何か必要なことがあれば電話で話すだけだったのですが、直接顔と顔をあわせて話すほうが誠実な感じがしますし、わからないことも気軽に聞ける気がしました。こういった気軽になんでも話せるという関係にセールスレディさんともなれればいいのになと思いました。FPさんは第三者として本当に平等な目で見ているため、必要がない保険をすすめられるということもなく、いくつかの保険会社さんの保険を候補にあげてくれたので助かりました。一つだけではなかったというのがいろいろ選択することができるという面で心に余裕が持てました。

 

 

将来に向けて貯蓄できるタイプを選べた

 

今入っている保険自体は将来的なことを考えた時に少し物足りないし、ずれている内容かなと思ったのでFPさんに将来的に貯蓄できるような保険で私にあっているものはないのかということをアドバイスしてもらいました。年金についてはっきり言って不安に感じている部分がありますので、それをカバーできるようなものがないかというのが知りたかったです。また今はまだ婚約者の立場ですが、もし外国人と結婚した場合に保険に入れるのかどうか、どういった保険があるのかということも質問しました。日本で暮らす以上、私のほうの保険内容がしっかりしていないとやはり頼りないなと思いましたし、老後に年金をもらえるまでちゃんと働いていられるかということもわからないのでそういう時に心に少し余裕がもてるようなものがあれば安心だなと思いました。

 

子供ができた時にはまた相談して保険内容を見直すようにしたらいいというアドバイスももらったので、そうしようと思っています。貯金は自分でも少しずつではありますが、してるつもりでした。でも改めて将来のことを計画的に改めて考えてみると全然今の貯金ペースでは足りないということがわかったので、貯蓄型というのはとても良いです。私も彼もあまり体が丈夫なほうではないですから、そういう不安もありました。死亡保障面などはかなり充実はしているものではあったものの、将来的な不安をなくすという意味であれば死亡保障面はもう少し減らしてもいいですし、その分貯蓄型を追加することでバランスをとるという方法をアドバイスされました。

 

老後までにどれだけ貯金をしておきたいのかということや解約返戻金のある保険を選ぶということなども頭に入れてどのタイプがいいのかというところをチェックしました。かけすてなのはかなりもったいないと思っていたので、今後そういった万が一解約した場合のことなども考えておくほうがいいなというのがわかりました。そもそも私自身が保険のことをほとんど理解していなかったので、解約返戻金というものがあるということもわかっていませんでした。これまでは保険の担当者に任せっきりだったのは間違いだったなと反省しました。今はなんだか将来に向けて貯蓄するのが楽しみになっていまして、FPさんと話しているのがとても楽しかったです。

 

それに最初は保険をアドバイスしてもらったら絶対に入らなくてはいけないんじゃないかと心配でしたが、それは全く心配のし過ぎで、自分が納得できる状態じゃないのであれば無理矢理入らなければいけないということはありませんでした。これにはほっとしました。会話の中ではどうしても家計内容も伝えなければいけなかったのでそこは少し恥ずかしかったのですが、それ以外は対面で相談できることにデメリットは感じなかったです。ちなみに私はわからないことなども含めて何度か相談をしたのですが、保険相談に関しては無料なので、何度相談しても費用が発生することもありませんでした。お店のほうまで直接行けない日もあったのですが、そういう時には前もって伝えておくことで職場近くのカフェまで来てもらうこともできたのは助かりました。

 

その日の都合にあわせて出向いてもらうことができるのは本当に便利だなと思いました。私の婚約者も相談をしたのですが、わかりやすいアドバイスをもらえたので満足しているようでした。会話の時に2人いると、きちんとどちらの目も見て顔を向けて話してくれたのは好印象だと感じました。担当のFPさんとの相性はあるとは思うので、もしFPさんとの相性が悪かった場合は少し気まずいかもしれないと思いましたが、もし相性があわなかった場合には別のFPさんに代わってもらうこともできるようなので、そのへんも安心でした。私は幸い相性があうFPさんでしたので、これからも頼りにしたいです。


このページの先頭へ戻る